HOME > モノづくり

モノづくり
人と地球、技術と一緒に。

KOAのマーケットのグラフ品質第一主義
 抵抗器はコンピュータや通信機器、家電製品、アミューズメント、さらには自動車や医療機器に至る、あらゆるエレクトロニクス製品に使用されています。特に近年では、自動車のエンジン部周辺にも使われており、品質管理面に関しては特に注意を払っています。「不良品ゼロ」という厳しい目標を設定して、常に“Q-1stの精神”に基づいたモノづくりを行っています。

あらゆるムダの廃除
 当社の特徴といえば、KPS(KOA Profit System)活動です。これは大量生産を支える生産設備やシステムを見直し、モノづくりすべての場面で、経営のムダを徹底して廃除し、新しい経営システムづくりを目指す全員参加の改善活動です。実際、必要なモノを必要な時に必要なだけ作ることで、棚卸資産の圧縮と製造リードタイムの短縮を実現し、収益向上につなげています。
 その活動は当社のモノづくりの原点となり、現在も“進化”し続けています。そして、お客様との信頼関係を“深化”させ、“真価(=新しい価値)”を生み出し続けています。

モノづくりは人づくり
 もう一つの大きな特徴は、『20人ほどの小さなグループ組織をつくり、受注から製造、品質保証、発送までを一貫して行う』というワークショップ制を導入していることです。ショップとは、従来からあるピラミッド型の組織ではなく、フラットな人間関係と工房のようなあたたかな雰囲気を大切にした職場です。ワークショップ制は1992年から行っているものであり、より質の高い製品を生み出し、お客様の声を聞き、満足度を知ることで、モノづくりの喜びや働きがいをストレートに感じることができます。

これからのモノづくり
 これからも、みなが積極的に意見を出し合い、活き活きと働ける環境の中で、さらに高品質なモノづくりをすすめていきます。そして医療、環境、自動車、宇宙、ロボットなどさまざまな分野で、お客様の満足と信頼を今以上に得られるよう努力してまいります。

わたしたちの身近にあるKOA製品
抵抗器(「電流を制限する」部品)

抵抗器は、電流の流れを制限することで電気回路をスムーズに動作させる働きをするものです。あらゆる電子機器に大量に使われています。高精度・高信頼性の抵抗器はロケットに乗って宇宙で活躍しています。人の手が届かない宇宙空間だからこそ、KOA製品の信頼性がお客様のご指名をいただいています。

インダクタ(「交流を制御する」部品)

銅線を螺旋状に巻いたものがコイル(インダクタ)です。KOAの薄膜形成技術は、0.6×0.3×0.23mmの超小型インダクタを作ってしまいました。小さくて軽いインダクタが携帯電話の中で働いています。

温度センサ(「温度を測る」部品)

抵抗器は温度が変化すると、比例して抵抗値が変わります。この原理を利用して、温度センサができました。厳選された抵抗材料を加工して様々な温度センサを提供しています。

電流ヒューズ(「回路を遮断する」部品)

異常電流を検知して回路を遮断するのが「電流ヒューズ」です。これも抵抗器の発熱作用を応用した部品のひとつ。火災や感電の危険から、みんなの生活を守っています。


例えば自動車にも、こんなにたくさんのKOA製品が使われています。

自動車の中で使われるKOA製品のイラスト

エンジンコントロールユニット
電動パワーステアリング
カーナビゲーション
スマートキー
電子サスペンション
排ガス検知装置
タイヤ空気圧監視システム
ABS
パワーウィンドー、サンルーフ
   スライドドア等のモータ制御

電子式シートベルト
パワーシート
エアコン制御
HIDヘッドランプ
エアフローセンサ
エンジン点火回路

例えば携帯電話にも、こんなにたくさんのKOA製品が使われています。

自動車の中で使われるKOA製品のイラスト

小さく軽くなった電子機器には、小さく軽い部品が必要です。

携帯電話の内側では、配線基板の上やモジュールの中で、小さな小さなKOA製品がたくさん活躍しています。
全長1mmから0.6mmへ、小形化への道を歩み続けてきたチップ抵抗器は、ついに0.4mm×0.2mm×0.12mmという極小サイズの実用化時代に突入しました。
小さな部品を創り込む技術、実装機に送り込むための包装技術、プリント配線板に実装する技術など、いろんな技術がひとつになって、小さく軽い携帯電話が実現したのです。



LED用電源部液晶表示部
音声回路カメラモジュール
デュプレクサ高周波アンプモジュール
パワーアンプモジュール電圧制御発振器
温度補償型水晶発振器CPU/メモリ
DC/DCコンバータ